Vol. 1: The Mist

Vol. 1: The Mist

 

ある日、霊界ではキツネのニニガイが友達との明日の夕食会の食材を集めに出かけていました。 彼が果物を集めているとき、後ろで物音が聞こえたので振り返ると、 小さな生き物が現れ、それは奇妙な霧に包まれていました。 彼がその生き物に近づくと、霧が鼻に触れ、素晴らしい初めての感覚が彼をを感じ、彼は歌い、踊り始めたい気持ちになり鼻歌を歌い始めると、すぐにその生き物も彼にについて歌い出し、 彼らは一日中一緒に森で遊んで過ごしていましたが、すっかり日暮れに気づいたニニガイが小さな生き物に別れを告げ家路につきました。家の屋根が見える頃、不思議な出来事を思い出し山の方を振り返ると、その生き物は彼の少し後ろを追いかけ来たのでした。 ニニガイはその生き物が可愛くなりコーボーと名付け彼の寝床を作りました。

次の日、ニニガイの友達が家に夕食を食べに来ました。 彼らは皆コーボーが大好きで沢山遊びました。 ニニガイは森で摘んだ果物に霧がかかっていたことをうっかり忘れて皆に特製ジュースを振る舞いました。友人たちがそれを飲み始めると彼らもまた歌い踊り飲んで 喜びに溢れ、楽しい夜を過ごした友人たちは笑いながら家に帰りました。

数週間を一緒に過ごしたニニガイはコーボーとすっかり仲良くなり、毎日散歩に連れて行くのが習慣になった頃、悲劇が起きたのです。いつもより少し遅めに目覚めたニニガイは 、毎朝起こしに来るコーボーが来なかったので彼の寝床へ見に行くと、そこには凍ってしまい、革のような質感になっているコーボーの姿があり ニニガイは どうすればいいのかわからず、立ちすくみ失い悲しみに暮れ、遺体を埋める気力も湧かずついに絶望の境に陥った彼は、神に助けを乞うことに決めたのです。

彼はコーボーを背中に背負いこの地の一番高い山まで何日もかけて登り頂上に着くとコーボーを生き返らせるよう祈り始めました。21日間山の頂上に座って断食と祈りを捧げ疲れ果てた頃突然、イザナギは現れ、霊界の多くの場所で同じことが起こり、多くの生き物が現れ、数週間後に凍結したと説明したのです。 ニニガイと彼の友人たちが経験した喜びの感情は霧から来るものであり、 これらの生き物には何か魔法のようなものがあると説明しました。 しかしながら生き物たちが他の人たちにたくさんの喜びをもたらしたにもかかわらず、小さな生き物達がいなくなってしまった後に、これほどの献身的な態度を示したのはニニガイだけだったのです。そこでイザナギは献身的な姿を報い願いを叶えることにしたのです。

ナギは天沼矛を取り出し、それで生き物を打ち始めると 槍がその生き物に触れ革のような甲羅が割れて地面に落ち、慌てて逃げていった。 そして、その場所に残されたのは、かつてのコーボーの姿ではなくコーボーの魂だけが残されていた。 イザナギは、これは単にコーボーの魂だけではなく、そしてそれは神であり、ニニガイに特別な使命を授けると告げたのです。

ブログに戻る